デリケートゾーン 黒ずみ かゆみ

デリケートゾーンの黒ずみとかゆみの関係!?かゆみは早めの改善を!

「最近、デリケートゾーンの黒ずみが気になってきた。」「デリケートゾーンのかゆみに伴って黒ずみが悪化してきた。」このようなお悩みを抱えていませんか?

 

あなたのデリケートゾーンの黒ずみは、かゆみが引き起こしている可能性があります。そこで今回はデリケートゾーンの黒ずみとかゆみの関係についてご紹介していきます。又、かゆみが生じる原因と対処法も記載していますので、ぜひ最後までご覧下さいね!

 

デリケートゾーンの黒ずみとかゆみの関係とは!?

 

デリケートゾーンはかゆみが生じやすい部位です。その為、無意識の内に掻いてしまったりゴシゴシと洗いすぎてしまったりと、過剰に刺激してしまいがちです。そしてこれらの刺激は肌にダメージを与えてしまいます。

 

肌はダメージを受けると自らを守る為にメラニン色素を生成します。このメラニン色素は通常ですとターンオーバーによって排出されます。しかし乾燥・肌荒れ・生活習慣の悪化・ストレス等の影響でターンオーバー機能は低下してしまいます。

 

これにより生成されたメラニン色素が肌に沈着してしまい、黒ずみができてしまうのです。黒ずみの改善には、まずはかゆみを改善する必要があります。下記ではデリケートゾーンのかゆみの原因と対処法をご紹介していきますので、ご参考にして下さいね。

 

まずはデリケートゾーンのかゆみを解消しよう!

 

*下着が合っていない*

 

あなたの肌に合っていない素材・サイズの下着を着用していると、ムズムズとしたかゆみが生じます。デリケートゾーンの肌は非常に敏感です。その為、他の部位なら気にならない程度の刺激でもかゆく感じてしまうので、下着選びに注意しましょう。

 

*ムレ*

 

下半身は下着・ストッキング・パンツ等で覆われている為、非常にムレやすいです。又、アンダーヘアの影響でもムレる事が多いです。このムレがかゆみを招く場合もありますので、なるべく通気性の良い下着や衣類を着用しましょう。

 

*ナプキンによるかぶれ*

 

生理中に同じナプキンを長時間付けていると、雑菌が多く繁殖してしまいます。これが原因で肌がかぶれ、かゆみが生じている可能性もあります。生理中は頻繁にナプキンを取り換えるよう意識しましょう。

 

*乾燥*

 

デリケートゾーンの皮膚は敏感で、意外と乾燥しがちです。乾燥するとかゆみが生じますし、ターンオーバー機能も低下してしまいます。よってデリケートゾーン専用のクリーム等でしっかり保湿するよう心掛けて下さい。

 

*デリケートゾーンの汚れ*

 

デリケートゾーンは汗・尿・経血・おりもの・恥垢等の影響で不衛生になりがちです。これらが肌やアンダーヘアに付着する事で雑菌が繁殖し、かゆみが生じる場合もあります。デリケートゾーンの汚れを溜めない為にも、専用の石鹸等で清潔をキープしましょう。

 

最近ではデリケートゾーン専用の拭き取りシートも販売されていますので、上手に取り入れてみましょう。

 

*病気*

 

今まで感じた事のないようなかゆみの場合、病気の可能性もあります。考えられる病気は下記のようなものがあります。病気によるかゆみは、その病気を治療しない限り治まりませんので、きちんと病院を受診しましょう。

 

・膣カンジタ ・トリコモナス膣炎 ・白癬症 ・毛じらみ 等

 

デリケートゾーンのかゆみを改善して黒ずみをなくそう!

 

今回はデリケートゾーンの黒ずみとかゆみの関係についてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?デリケートゾーンをかゆくて掻いてしまうと、肌に負担をかけてしまいます。その結果、メラニン色素が生成され黒ずみになってしまうのです。

 

かゆみの影響で黒ずみが生じているのなら、まずはかゆみの原因を知り、きちんと改善していきましょう。又、治療が必要な場合は早めに病院を受診して下さいね。かゆみが改善されたら、黒ずみのケアをしていきましょう。

 

黒ずみケアには、デリケートゾーンの黒ずみ専用のケア商品が有効です。そして下着等による摩擦や刺激を抑える事も忘れないで下さい。これらを意識し、デリケートゾーンのかゆみ・黒ずみを改善していきましょうね!