デリケートゾーン 黒ずみ 自転車

自転車でデリケートゾーンの黒ずみが悪化!?過度な摩擦には要注意!

「健康の為に自転車通勤しています!」「子供がいるから普段の生活に自転車は必須!」このような方はたくさんいらっしゃいますよね。

 

自転車を漕ぐ事は有酸素運動になりますし、重い荷物がある時等はとても便利です。しかしこの自転車がデリケートゾーンの黒ずみを促しているってご存知でしたか?今回は自転車がデリケートゾーンの黒ずみを悪化させる理由についてご紹介していきます。

 

又、黒ずみの悪化を抑える自転車の乗り方も記載していますので、ぜひ最後までご覧下さいね!

 

自転車がデリケートゾーンの黒ずみを悪化させる理由とは!?

 

まず黒ずみが生じるメカニズムからご紹介しますね。肌は摩擦・紫外線・乾燥等のダメージを受けるとメラニン色素を生成します。通常ですと生成されたメラニン色素は、肌のターンオーバーによって排出されます。

 

しかし常にダメージを受けていたり、生活習慣が乱れていたりするとターンオーバー機能は乱れてしまいます。これにより生成されたメラニン色素が肌に沈着し、黒ずみを生んでしまうのです。これが黒ずみの生じるメカニズムです。

 

では、自転車に乗るとデリケートゾーンが黒ずんでしまう理由を記載していきますね。デリケートゾーンは下着による摩擦・脱毛による刺激等の影響で黒ずみが生じやすい部位です。

 

その上、自転車に乗る習慣があると、サドルとの摩擦で黒ずみが悪化してしまうのですよ。黒ずみを改善するにはデリケートゾーンに刺激を与えない事と、顔同様にケアする事が必要です。この2点を意識して、黒ずみを改善していきましょうね!

 

黒ずみを悪化させない自転車の乗り方を教えて!

 

*サドルクッションを使う*

 

サドルクッションというアイテムを使えば、体圧を軽減する事ができます。体圧を軽減すると、デリケートゾーンにかかる負荷も軽減できますので、黒ずみの緩和に有効ですよ。サドルクッションはサイクルショップやネット通販等でも購入できます。

 

又、手作りの物でもいいですし、ハンドタオルを代用しても構いません。あなたの取り入れやすい物を使い、サドルによる摩擦を軽減しましょう。

 

*ワセリンを塗る*

 

スカートを穿いて自転車に乗る場合、足の付け根や太ももがサドルと当たって摩擦が生じます。この擦れてしまう部分は黒ずみになる可能性が高いので注意しましょう。サドルに当たる部分の肌にワセリンを塗ると、ワセリンが潤滑油となって摩擦を軽減できますよ。

 

*レーシングパンツを穿く*

 

自転車には競技の為に乗る・スポーツの為に乗るという方は、レーシングパンツを穿きましょう。レーシングパンツはデリケートゾーンやお尻の部分にパットが入っています。このパットがクッション代わりとなり、サドルとの摩擦や体圧を軽減してくれるのです。

 

普段の生活の中で自転車に乗るという方には、あまりオススメのアイテムではありません。しかしスポーツとして自転車に乗る方には便利なアイテムですので、ぜひ取り入れてみて下さいね。

 

サドルによる摩擦を軽減して黒ずみのリスクを低下させよう!

 

今回は自転車がデリケートゾーンの黒ずみを悪化させる理由をご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?自転車に乗る事でデリケートゾーンにかかる負担が増加し、メラニン色素の生成を促してしまいます。その為に、黒ずみも悪化しやすいのです。

 

しかし普段から自転車に乗っている方からすると、急に利用を避ける事はできませんよね?そんな時はサドルクッションやワセリンを利用して、肌への摩擦を抑えましょう。又、スポーツとして自転車に乗る方は、レーシングパンツを取り入れてみて下さいね。

 

そしてデリケートゾーンの黒ずみを解消するには、顔同様にケアを行う事が大切です。美白成分配合の化粧品でケアする・黒ずみ専用クリームでケアする等を心掛けましょう。きちんとケアを行い、デリケートゾーンの黒ずみを抑制・改善していきましょうね!