デリケートゾーン 黒ずみ 生まれつき

デリケートゾーンの黒ずみは生まれつき!それは間違った解釈だった!?

あなたはデリケートゾーンの黒ずみを「生まれつきだから・・・」と諦めてしまっていませんか?実はデリケートゾーンの黒ずみは生まれつきあるものではないのです!それには黒ずみが生じるメカニズムが関係しています。

 

今回は黒ずみが生じるメカニズムと、黒ずみが生まれつきではない理由についてご紹介していきます。又、黒ずみができやすい肌質についても記載していますので、ぜひご参考にして下さいね!

 

デリケートゾーンに黒ずみが生じるメカニズムとは!?

 

デリケートゾーンは下着による摩擦や脱毛による刺激等の影響で、ダメージを負いやすい部位です。肌はダメージを受けるとメラニン色素を生成して、自らを守ろうとします。このメラニン色素が肌に沈着する事で黒ずみが生じるのです。

 

これがデリケートゾーンに黒ずみが生じるメカニズムです。

 

デリケートゾーンの黒ずみが生まれつきではない理由とは!?/h4>

 

デリケートゾーンの黒ずみは、肌がダメージを受けメラニン色素が蓄積されて生じるものです。生まれつきデリケートゾーンにダメージを受けて生まれてくる子供はいませんよね?

 

よってデリケートゾーンの黒ずみは生まれつきではなく、生まれてからの習慣が影響しているのです。肌に合っていない下着を着用していた・もともと肌の乾燥が酷い等の習慣は黒ずみを作りやすいです。

 

又、生まれつき色が白い子・黒い子がいるように、メラニン色素の生成が活発な子・そうでない子がいます。生まれつきメラニン色素の生成が活発な子は、人より黒ずみができやすいのです。これを「生まれつき黒ずみがある」と勘違いしてしまう理由なのでしょう。

 

日本人の肌のタイプは主に3種類に分類されますので、下記で詳しくご紹介していきます。あなたはどのタイプの肌質なのかを理解し、黒ずみ改善に役立てて下さいね。もし黒ずみができやすい肌質なら、今後のケアも念入りに行っていきましょう。

 

黒ずみができやすい?できにくい?あなたの肌質をチェックしよう!

 

*メラニン色素の生成が活発なタイプ*

 

日焼けしても赤くならず、すぐに肌が黒くなる方はメラニン色素の生成が活発です。よってデリケートゾーンの黒ずみもできやすいタイプと言えます。日頃からのケアを怠らないように心掛けましょう。

 

メラニン色素の生成が活発な方は、デリケートゾーンの黒ずみ専用のコスメでケアする事がオススメです。イビサクリーム・ヴィエルホワイト・ホスピピュア等の商品が有効ですので、ぜひチェックしてみて下さい。

 

*通常タイプ*

 

日焼けすると肌が赤くなり、その後黒くなっていくという方は、日本人の一般的な肌質です。デリケートゾーンに黒ずみができにくいとは言えず、茶色や薄茶色である場合が多いです。よってこのタイプの方も、しっかりケアしておきましょうね。

 

オススメのケア方法は、下着による摩擦を軽減させる事とデリケートゾーンは優しく洗う事です。下着は肌に優しい生地で締め付けのないものを選びましょう。そしてデリケートゾーンを洗う際はたくさんの泡で包む様に洗って下さい。

 

又、使用する石鹸は「弱酸性」のものを使うと良いでしょう。最近ではデリケートゾーン専用の石鹸も販売されていますので、あなたも取り入れてみて下さいね。

 

*メラニン色素の生成が活発でないタイプ*

 

日焼けしても肌が赤くなるだけの方は、メラニン色素の生成が活発ではありません。又、白人のようにメラニン色素が薄いという特徴も持っています。このタイプの方はデリケートゾーンが淡いピンク色である場合が多く、念入りなケアは必要ないでしょう。

 

生まれつきだと思っていた黒ずみを解消し美しいデリケートゾーンに!

 

今回はデリケートゾーンの黒ずみが生まれつきではない理由をご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?毎日の肌へのダメージがメラニン色素を生成させ、それが沈着して黒ずみは生じます。よって生まれつき黒ずみがあるという事は、まずありません。

 

しかし「生まれつき黒ずみができやすい人」「黒ずみができにくい人」が存在するのは確かです。その点をしっかり理解しておいて下さいね。そして黒ずみができやすい人は、黒ずみ専用のコスメを使ってしっかりケアしていきましょう。

 

又、下着や洗浄による刺激軽減・サロンでの脱毛等を心掛け、黒ずみができにくい習慣を付けて下さい。適切な改善方法を取り入れ、黒ずみを撃退していきましょうね!